d0133995_222691.jpg




      
        アメリカではObama大統領の就任式が無事に終了し、

        多くの人達がこれからの彼の国家再建に向けた政策に

        希望を持っていることでしょう。

        私も、就任式の様子をLiveでしっかりと見ました。

        彼の演説にも感動したけれど、

        それ以上に、あの日あの場所に集まった人達の一体感に、

        さらなる感動をした私です。

        カメラで全体を映していると、まるで空気まで振動しているように見えました。

        人の力って凄いなぁー。

        特に黒人の人達にとっては、歴史的な瞬間だったのでしょう。




        さて、昨日はクラッシュと言う映画を見ました。

        疲れて、そろそろ朝になるであろう時間からなぜか見てしまい(笑)。

        StoryはLA社会での人種差別問題を描いていて、

        トーンとしては、全体に重く、暗い内容だけど、救いがあり、

        手放しで感動!とかではないけど、私は惹かれました。

        人種的な差別って、何の根拠もなくても、

        特に多民族国家における社会の膿みたいなもので、

        個人的にそうならざるを得ない理由があってもなくても、

        長い時間をかけないと排除していけない、でも、根本的な部分で

        お互いの「違い」をその背景も含めてちゃんと認め合えなければ、

        時間さえかければいつかは解決していく、という問題でもないのだと思う。

        「違う」ことへの恐れ。そういう心にある小さな感情の要素を取り除くには、

        具体的な何かに触れる経験がなければ、そう簡単になくならないのも事実。

        差別は絶対にあってはいけないと思うけど、

        それによって成立している社会の側面もあり、

        そういう混沌を抱えて生きる人達の複雑な心情を、

        この映画で少しだけ垣間見たような気がする。

        


        もし、自分以外の人間を肌の色で分けて世界を見たら、

        その世界はほんの数種類にしかなりえない。

        でも、もし、今目の前にいる一人一人をちゃんと見て世界を捉えたら、

        その世界はこの地球に生きる人の数だけある。

        自分がどんな風に人を見て、触れあうか、によって、

        自分を取り巻く世界は全く異なる色を持つし、

        全く違う可能性を帯びるのだと思う。

        同じ景色を見ていても、個人個人で違う感じ方をするように、

        全てはそれぞれに委ねられているのだと思う。

        人種差別問題だけに限らず、全ての物事において、

        考えたらキリがないくらい上も下もあるとは思うけれど、

        出来るだけ、広く世界の見渡せる場所にいること、

        出来るだけ、自分にとって眺めのいい場所にいること、

        それらを選択し決断する自由と平等がみんなにあったなら、

        少しづつでも確実に何かが変わっていくような気がします。

        


        

        

        

        
[PR]
by lifeisaparty | 2009-01-24 03:53
d0133995_222017100.jpg




              NYの街、特にBrooklyn界隈においては、

              なぜかこういう景色をよく見ます。

              なぜ、電線に靴がひっかかっているのか??

              私も未だに謎。

              どうやってひっかけて、どうやって取るのか??

              不思議な光景です。

              

      
[PR]
by lifeisaparty | 2009-01-19 22:27
    
d0133995_257497.jpg

                A photo of Diva and Luam in Japan




             懐かしい写真を友達からGetしたので思わずUp。

             これは、彼女達がたぶん初めて来日した時のもの。

             なんだか見た目イカつい2人ですが、

             結構、可愛いところもあったりします(笑)。

             そういう一面をこの写真を見ながら思い出していました。


          
             本日は、お正月休み明け初でStudioへ。

             明日からのLessonに備えて、振りを作り、

             Warm upも兼ねて、しかと動きました。

             久々で体が鈍っててキツイかな??と思っていたけど、

             すこぶる快調で、汗かきまくって、気分爽快(笑)。

             体調も万全、いざ出動開始。

             年明け初のLessonも今から楽しみな私です。

             

             
[PR]
by lifeisaparty | 2009-01-07 03:01
d0133995_0591987.jpg

              A photo of Tiffany&Co on fifth Ave in NY

                 


                 ☆Happy Merry Christmas☆

                 Hope you enjoy this special day.

                 Have a great day!!!
[PR]
by lifeisaparty | 2008-12-25 01:26

  昨日は、朝からヨガへ。久しぶりのヨガに、体が喜ぶのが分かる感じ。
  私、自分でも気づかなかったけど、意外なほどに、ヨガが好きみたい(笑)。
  気持ち良かったーーーっ(^^)v。
  体がほぐれるし、すごいリラックス効果もあって、忙しいNYにいて、あそこに行くと、
  ホッと一息つく感じがする。やっぱ、癒しって大切。

  それから、学校へ行き、久々のバレエへ。
  このバレエスタジオは、BDCとかと全く別で、ほんとにバレエしかないスタジオ。
  しかも、すごい少人数で、建物も教会の中。うーん、外国だ(笑)。
  久々のPat(先生)との再会に喜び、いよいよクラスを受けるものの、ビックリする
  くらい、体が利かない。。。
  間違いなく、筋肉痛でバキバキになるであろう。。。(涙)。

  でも、やっぱり継続は力なり!で、何でも続けることが一番大切なんだと思う。
  どんな形であっても。

  夜になって、クリスマスのイルミネーションが街中をキラキラしてる中、一人買い物に
  SOHOへ(笑)。ショッピング、なんて悠長なものではなくて、本気で靴探ししました(笑)。
  ヒールでは、日々歩きの多いこの街での暮らしに対応出来ないので。。。(涙)。

  それにしても、NYって、ホント派手よね。皆、それぞれだし、人生謳歌っていうか。
  でも、刹那的な部分もすごく感じるし、そのアンバランスな感じに、実はとても惹かれて
  いるのかも?色んな顔が見れるっていうか、ね。
  後は、やっぱり、音楽が近くにあるってことと、良くも悪くも自由だし、少数派には生きや
  すいっていうか、ラクだろうなーって思う。その辺は、さすが人種のるつぼなだけあるな。
  私自身が少数派に入るわけじゃないけど、ある程度限られた枠の中で生きるのが日本
  の感覚だとしたら、枠って何さ??みたいなものがここにはあるかもな。
  基本的に、PeaceであることがPointなので、NYっていうと危ないイメージもあるし、
  何か怖い感じがすると思うんだけど、あたしにとっては、こんだけの人種が、
  よくぞこの微妙なバランスの中でうまく成立してやってるな、と。
  っていうか、たぶん、それだけ、良くも悪くも気にしないんだろうな、人のことはね。
  
  出来れば、しがみついて、必死にくらいつくよりは、余裕でいきたい、私です(笑)。
  でも、そうもいかないか、、この街。。。
  自分のペースでやってくしかないな。うん。

  あ、ここで一つ、NYっぽいエピソードが。
  昨日、友達のBDで、ケーキを買いに行ったら、そこの店員の女の子がイキナリ喜んで
  小躍りし始めて、何かと思って聞いてたら、どうやら、たった今ケータイにオーディションを
  パスした連絡が入った様子。しかも、シンガー目指してる子だったみたいで、その日の夜に
  サイバーカフェで歌えることにもなったらしい。
  ちょうど、その子が私達を接客してくれてたから、何事かと思って聞いてたら、こんな感じ
  の内容だったんだけど、まぁ、日本じゃ、ここまでのリアクションなかなか見ないな、と。
  もう、歌える喜びのオーラが満開で、こっちまで、嬉しくなってしまった(笑)!!
  あんなふうに夢って、少しづつ叶うんだろうな。
  あんなに嬉しそうな人、全身で喜んでる人、久しぶりに見た(笑)。
  あーいうの見ると、頑張るっていいなって思う、いつも。凹んだりしても、共に喜んでくれる
  人がいて、一緒に上見れる人がいたら、それだけで、貴重な時間だと思うし。
  ダンスも結局、そこだと思う、今となって、ホントに大切だと思うことってね。
  ずっと昔にも思ったことあったけど、やっぱり、思う。
  結局、自分ひとりで出来ることなんて、人間限られてるから、って。
  
  
  NYって、すごくイヤな思いをすることもいっぱいあるんだけど、いきなりこんな風に
  Happyな現場に居合わせて、一緒にHappyになってしまうときもあるから、その辺が
  いいなって思う。嬉しいとか、悲しいとか、バカみたいに、皆、出しっぱなしだし、あんまり
  趣はないけど(笑)、生きてる!って感じだ、みんな(笑)。

  
  それにしても、NYは寒いけど、いい天気です。
  空が高くて、緑もあるし、街はごちゃごちゃしてるけど、上見たら、外国~!!って思う(笑)。
  そうそう、この街、特有のにおいもあるんよねー、ってことで、今日はそれについて
  書こうかな??
  なんか、おもしろいエピソードも探しつつ・・・今日は出かけよう♪

     
  Pic:写真は34St&BDWのメイシーズ。この辺は、もういっぱいいっぱいな感じで、
     街中、キッラキラしてます(笑)。もっと、全体を写真に収めたいんだけど、ほんと
     全部が全部すぎて入りきらなーい。なので、少しづつUPしていきます。
d0133995_2333994.jpg

       
     
 
  
[PR]
by lifeisaparty | 2007-12-19 23:41


  12月14日(Fri)・2007、 昨日、NYに無事に到着!

  飛行機が飛び立つ瞬間は、「あー、私はまた日本を離れるのか・・」と、
  何とも複雑な気分だったけど、実際JFKに着いた瞬間、いや、窓からManhattanが
  見下ろせるようになった時から、私の中の喜びは爆発した。
  この嬉しさを何と表現したらいいのだろう??
  もう、胸がワクワクする、という以外にHitする言葉はない(笑)。
  
  Immigrationも無事通過して、入国した後の私の正直なコメント、、、
  「やっぱり、あたしの街!!」(笑)、いや、男だったら、「やっぱ、オレの街!!」(笑)、
  ってな気分でした。あの、開放的で自由な感覚を何と言ったらいいんだろう??
   
  住み始めたら、そればっかりではないし、もちろん不自由だらけなんだけどね。
  そして、そういうことに、結構簡単にめげる私です(苦笑)。
  最終的に立てば良い!くらいの気持ちでいこうかと。

  Taxiに乗ってStay先へ。
  最初は仲良く話していたドライバーと、最終的にはケンカになったところで(お金のことで)、
  あー、これぞNY!って一気に思い出した(笑)。何せ、体力がいる、生きるだけで(笑)。
  タフじゃなくては。。どの国に生きようと、たぶん、同じようなことはたくさんあると思うけど、
  久々のこの感覚に、帰ってきたなぁー、と正直思った。

  でも、やっぱり行く途中に見えるManhattanの夜景は、この寒空の下でも
  キラキラ美しかった。宝箱をひっくり返したような輝きだ。
  そう言えば、いつも、どんなに疲れていても、この夜景だけは、心に沁みた。
  Cityの中にいるとビルばっかりで忘れてしまうけど、たまに、こうして、遠くから
  Manhattanを眺めると、いつでも、あー、私は今NYにいる、と思えて、
  また頑張ろうって気持ちになれた。
  本当に私にとっては大好きな景色。 深く考えなくても、ただ好き。
  この景色だけ、毎日見ていたいほどに(笑)。
  
  いよいよBrooklynへ着いて、Aptへ。
  空港に着いた瞬間から感じていたけれど、NYには独特の匂いがあって、
  実は私はそれが大好き。このAptの中も、NYの匂いがあちこちでした。
  たまーに日本にいる時にも、これと似たような匂いを嗅ぐと、胸がキュンとする。
  そのくらい、私にとってはNYを彷彿させる匂いなのだ。
  
  夜は、今回Subletさせてもらう人とおしゃべりをして、寝る。
   
  
  そして、翌朝、懐かしいラジエーターのガタガタ言う音に起こされて(笑)、起床。
  ネットがうまくつながらずに、結局ネットCafeへ。。。
  今日は寒い!、でも、空は青い!!ってことで、Brooklynにいる自分にも嬉しすぎて、
  軽く小躍りぎみの私でした(苦笑)。体は正直ってことか?!
  
  一旦、帰宅して、そこからいよいよSubでCityへ。
  高まる胸のワクワクと同時に、やっぱり切ない気持ちにも。。。
  X'smasのイルミネーションもキラキラで、あちこちから音楽が聞こえてきて、
  歩けば、歩くほど、「私、もっと上見て歩けば良かった」って思ったり、
  辛くて煮詰まった時期に、たった1日でも、その思いから意識的に離れて、
  全く違う日常を送ることをしてみたら、世界はこんなに開かれていたのに、、と。
  
  そう!世界を閉じてしまうのは、いつでも自分なんだ、って気づいたのです。
  Holiday Season前でごったがえす人にまぎれながら、
  この街を一人ぶらぶら歩きつつ、そんな風に色んなことを感じた私です。

  
  これから帰国までの数ヶ月、しばし、こうして自分の日常をブログに書き留めてみようと思う。
  
  今のところ、大好きで、大嫌いな街、NYです。
  たぶん、私にとって、普通ではない、というところで、もうすでに特別なんだと思う。
  
  でも、その振れ幅がこんなに大きい街も、今の私にとっては他にない、ので、
  そういう意味で、結局、とても感情が揺さぶられる街なんだろうな。
  だから、今、こうして、ここにいる間は、その揺れを楽しむくらいの気持ちで、
  もう少し色んなことやってみようと思う。

  たぶん、色んな日々が書き綴られると思うけれど、気が向いたらコメントなどして
  もらえたら嬉しいです。
  
    
  
     

   
   
[PR]
by lifeisaparty | 2007-12-16 15:44
←menuへ