d0133995_2337831.jpg

                    A photo of us at the time


            皆様、お元気ですか??

            このたび、またもやしばらくNYに行っていました。

            今回はShowがメインでの渡米。

            Apollo Theatre Amateur nightに出演してきました。

            Showとはいえ、一応トーナメント方式の勝ち抜けのような形式になっていて、

            結果から言うと、残念ながら及ばす・・・。

            悔しい気持ちと、Pass出来なかった要因が思い当たるような節もあったりで、

            複雑な気持ちを抱えて終えたShowだったのですが、

            自分自身のダンス人生がどんな形にせよ

            これからも続いていくことに変わりはないので、

            先に進む中で、この経験が新たに活かされるように、と

            前向きな気持ちに切り替えての帰国となりました。

            外国だから、とか、日本人だから、とか、そういうことはやっぱり関係なくて、

            最終的には、良いものは良い、しかないんじゃないか、と

            クリアにそう思ったわけです。

            考え出したら、キリがなく色んな理由を見つけられそうな気がするけど、

            答えはきっともっとSimpleで、

            もちろん、ダメだった要因を考えて次へと繋げることは必要だけど、

            結局はさらに良いものを作るべくBestを尽くす、に尽きるな、と。

            なので、ここで止まるわけにもいかず(笑)、進むしかない。

            道はきっとあると思うので。



     
d0133995_1184747.jpg

                  A photo of Amateur night stage
            

            さて、そんな結果報告はさておいて、

            今回もたくさんの人に応援に来てもらいました。本当に感謝!!
  
            やっぱり、声援が多いと、気分が上がって、俄然頑張れるので。

            こうして、見てくれた人達が少しでも元気になったり、感動してくれたりしたら、

            結果とはまた別で、本当に嬉しい。

            今は、私の踊る意義みたいなものも、

            そういうものによって成り立っているところが大きいので。

            ちなみに、Apollo Theatreには、Miss Cathyという

            Amateur nightを仕切っているBig mamaがいるのですが、

            Stage上で踊りながら下手の方を見たら、彼女がまるでおかんのように

            胸に手を当てて心配そうに見てくれていました(笑)。

            Auditionも入れたら、再会は5度目なので。

            はるばる日本からやってきて、この子達は大丈夫なのか??と

            思わず母心だったんでしょうね。

            踊りながらそんなことにも少し感動していた私です。
d0133995_119502.jpg

                     A photo of Miss Cathy



d0133995_121589.jpg

          A photo of Michael Jackson's memorial with two girls

d0133995_125722.jpg

                   A photo of Message for Michael


            そして世間では、いや、世界中で今なおMichael Jacksonの死を

            悼んでいますが、Apollo Theatreは、その時その真っ只中。

            私達のShowの前日には、ちょうどMichael君の追悼イベントなるものが

            行われたところだったのでした。

            Harlemの街行くおじさんまでもが、Moonwalkの話をしているような状態。

            Streetでは、彼のCDやDVD、T-shirtsなどがワンサカ売られていて、

            飽和状態。NYの街のあちこちから、彼のVideoや音楽が流れていました。

            Apollo Theatreの前には、まだたくさんの花がたむけられていて、

            彼を偲んで、壁面にはMessageを書くSpaceも設けられていたり。

            改めてそういうものを目の当たりにして、Michael Jacksonが

            彼の音楽を通して、どれだけ多くの人達を救ってきたか、

            その存在の偉大さと偉業を感じずにはいれなかったです。

            真に彼はStarだった、あらゆる意味で、そう思います。

            彼は彼にしか出来ないことをし続け、

            誹謗、中傷も含めて永遠に謎であり、

            彼の音楽を通してのみ、

            唯一私達は彼の心に触れることが出来るような気がします。

            ご冥福をお祈りします。
d0133995_1265944.jpg

                   A photo of just my feeling

              


            では、これからしばらく、また時間を見つけて、

            今回NYで撮った写真を少しづつUpしていこうと思います。

            結局いつも似たような写真を撮ってる気もするけど(笑)、

            私にとっては毎回違って見えるのであしからず。

            日本も蒸し暑い毎日ですが、皆様ご自愛下さい。

              

              

              



              

              

              




              

              

              

              
[PR]
# by lifeisaparty | 2009-08-01 01:52

d0133995_2315997.jpg

                A photo of from San Francisco to NY

          今日は、朝から良い天気。

          束の間の晴天に気持ちも晴れ晴れ。


          
          さて、今、私は教え以外にも、仕事をしています。
   
          今日は、その仕事を終えた後、

          仕事先の女の子2人と初めてお茶をしに行きました。

          彼女達は18歳と23歳。若い~~(笑)!!


          急きょノリで決まった集合だったので、あんまり時間がなかったけれど、

          楽しく色んな話をしました。

          それにしても、彼女達はホントに元気で、自分がこのくらいの年齢の時にも

          こんなだったのかな??と思うくらい(笑)。

          ひたすらしゃべる、笑う、何でもネタになる、っていう。

          
          地元が同じだけに、昔の自分を見ているような懐かしさがあり、

          田舎なだけに、都会に憧れを抱くその気持ちがよく分かって、

          何だか可愛いんですよね(笑)。


          帰りは3人ともチャリということで、青空の元、途中まで一緒に帰宅。

          サイクリングをしているような、清々しい気持ちに。

          素直で擦れてなくて、夢だけをたくさん語り、キラキラしている様子を

          間近で見て、この素直さは見習わないと、なんて気分になりました。

          やっぱり、年齢に関わらず、素直にひたむきに何かを求める姿って、

          周りの人を巻き込んで、幸せにしてしまうような、圧倒的な力強さが

          あるんですよね。

          
          坂道をチャリで駆け上がりながら、このまま、飛んでいきたーい!!

          なんて、夢のようなことをゲラゲラ笑いながら言ってしまえる自由を久々に感じて、

          今日は私も、彼女達の明るい勢いに思いっきり巻き込まれ、

          ノリで集合したひとときとは言え、結構、幸せな時間を過ごしたのでした。


          

          

         
[PR]
# by lifeisaparty | 2009-06-15 23:02



      
d0133995_22181193.jpg

                 A photo of Spinatch salad I made



             皆様、またもや、お久しぶりの更新です。

             すっかり初夏の日中になりました。

             私は、夏が大好きです。

             暑すぎると、少しめげますが、

             夏の夜、外に出て、生暖かい風が吹いていたりすると、

             ゆるーい気持ちになり、

             なぜだか、ホッとするのです。

             フットワークも軽くなるしね。

             でも、今はまだ年中常夏の島などには住めません。

             基本的に、かなりlazyな私なので、

             大好きな夏を年中感じてしまったら、

             間違いなく緊張感のない生活をしてしまいそうな不安があるのです(笑)。

             しかしながら、やっぱり夏は魅力的。

             色んなものがグングン伸びていく、生命の力を感じます。

             なんて、何だか小学生の作文の様な生真面目な文章を

             したためてしまいました。

             これもまた、この初夏の陽気のせいですね(笑)。




             さて、この時間のない最中に、

             なぜか本日、寝る間を削りつつ、料理してしまいました。

             写真は、ホウレンソウをペースト状にしたものを、

             ホワイトソースと混ぜて、塩、胡椒でざっくり味付けしたものを、

             Pastaに絡ませたSalad。

             彩満載ですが、遊び心です。

             味が薄かったので、マヨネーズを足して、少し濃いめにしました。

             味は、なぜか・・・ボチボチでしたね(笑)。

             作っている時は、相当楽しかったんですが・・・。

             ホウレンソウペーストにはとろけるcheeseも入ってますが、

             コクを出すなら、固形スープの素なんかを入れても美味しいかも?!

             あくまで私のIdeaです。

             そんな感じで、もう一品ホウレンソウ料理を作り、

             緑黄色野菜満載の夜ご飯になりました。

             ちなみに、なぜこんなにホウレンソウ尽くしなのか??と言うと、

             父の畑で採れる旬のものが、ただ今ホウレンソウなのでした。

             ありがたいことに家にゴロゴロとあったので、ザクザク料理したわけです。

             


             最近は、時間に追われるばかりで、

             今一つゆったり物事を考える時間が取れていない私です。

             考えるというより、たぶん、感じること、というか。

             でも、たまにはこういう日常も良いものなのかもしれません。

             なんて悠長なことを言ってるけど、実際はそうでもないか(笑)。

             過ぎていく時間をちゃんと感じながらいたいなぁーと、思いつつ、

             毎日を過ごしています。

     

            

           



             
    
[PR]
# by lifeisaparty | 2009-06-08 22:45


d0133995_20451796.jpg
  
                 A photo of one of my best friends           
             


             はい、ナンダカンダで相当バタバタしている春の日より。

             GWなんてあったものではナイです・・・。

             しかし、底力だけはあるらしく、睡眠不足を除けば、健康体(笑)。

             来るものドンドンこなします(笑)。


              
             さて、久方ぶりに、先日関西遠征へ。

             7月にあるShowの練習とチョコホの春の発表会を見に行きました。

             まずは、大阪にて音作り。

             かなり良いものが出来たけれど、3分に詰め込み過ぎたような気も。。。

             次の日に聞いたら、何か違うような気がする・・・ってことない??

             そんなこんなでウダウダ議論を重ね、振りのあるところだけは

             振り映しをして、後は宿題!!イメージ膨らませて、次回までに

             振り分けたところを完成させていくという話で落ち着く。



             最終日は京都へ。

             くみのインストラストの発表会を見る。

             かなり感動、久々に涙しました。

             ここであえてゴチャゴチャ書かないけど、素晴らしかった。あらゆる意味で。

             ほんまにお疲れさま^^

             インストショーの時には、さすがに貫録たっぷりで、

             まさにDancer Kumiやったよ!!

             人が何かに夢中になって、それを表している時、その中に、

             その人らしいものや、その人の喜怒哀楽も含めた感情の揺れが

             全部真っ直ぐに見える時、良いものを見た!って思う。

             今日はこれを見に来たんだ、と思う。

             ありったけの自分て、普段の生活の中で出し切るなんて、

             何か妙にこっぱずかしくてなかなか出来ないけど、

             自然に出てしまうものを惜しまず、

             それを自分の意識でコントロールすることもなく、

             ありったけ出しきってる姿って、ただ単純に美しい。

             その人の魂に触れたような気持ちになる。

             結局、芸術家って、そういうものをどこまで伝えられるか、

             どこまで追求出来るか、に尽きるのでは??

             ちょうど良いところでやってるうちは、突き抜けなくて、

             楽しいところで終わるんじゃないか、とか思いました。

             長く楽しいっていう情熱も、ひとつの才能だけど。

             Liveとか行っても、要は人って感情を揺さぶられたくて、

             アーティストの姿そのものから湧きあがるものに

             ものすごく勇気付けられたり、

             元気になったりしてるような気がするわけです。

             コントロール不能、出し切り型、人生は極端になりそうだけど、

             生きてる実感は最高にありそうな予感^^

             


             感動の発表会の後は、帰宅の途へ。

             Liveに来ていたよねちゃんが我が家へ。

             話のネタがありすぎて、何から話していいものかグチャグチャになりつつ、

             とりあえずは腹ごしらえ(笑)、のち、お風呂屋さんへ。

             お互いの近況をひたすら話続け、早朝、私は仕事へ。

             よねちゃんは、我が家でしばしStayしてから、

             私の仕事先に顔を出してくれて、そのまま東京へ帰宅。

             レッスンを終えて、その日は早々に眠りについたワタクシ。

             色んなことがギュウーっと詰まった密度の濃い時間を過ごし、

             疲れたかのように思えた私でしたが、意外にもPower倍増で、

             日々戦ってる友の力は偉大なり!!と感じ入った数日でした。
      




             

          
       

        
[PR]
# by lifeisaparty | 2009-05-03 20:55


d0133995_030196.jpg
 
                   Photo of in San Francisco        

         すっかり春の陽気に包まれて、blogもかなりslowなUPになってますが・・。

         久し振りに更新でもと思い、こうして書いてます。

         それにしても、当たり前だけど、

         仕事をするっていうのは色んなものを犠牲にしますね。

         でも、働くことは、やっぱり自分の精神衛生上とっても良いと思う。

         例え、どんなに忙しいとしても、社会に参加している意識とか、

         微々たるものであっても、

         人のために何かしら自分のしたことが役に立っているとか、

         そういう小さな喜びを日々実感出来るのも、仕事があってのことだとやっぱり思う。

         もちろん、お金をもらうって意味では、ラクではないけど、

         お金がなかったら、他のどんな楽しみも叶えられないわけで。

         普通に日常生活を送ることも、ちょっと美味しいもの食べに行ったり、

         友達と旅行に行くとか、オシャレするとか、欲しいもの買ったり、見たいもの見たり、

         自分がやりたいと思うことをある程度叶えられる状況を作ってくれるのも、

         日々仕事をしてお金を稼ぐというベースがあってこそ。

         そんなことを最近ふと思うようになりました。

         って、かなり遅いかもしれませんが・・(笑)。

         働くことは生きることだと、思ったわけです。

         願わくば、自分の好きな仕事でお金を得られるのが理想ですが、

         好きな仕事をしていても、好きではない雑事もあるわけで、

         100%好きばっかりの仕事っていうのもなくて、ある程度自分の自由が

         許される範囲の中で、いかに自分らしくその仕事を楽しむか、だと。

         そして、イキイキと生きている人は、

         自分なりの仕事の中で許された自由を上手に使っているな、と、

         こんな時代だからこそ、そういう人を見るたびにそう思う今日この頃。

         自分の心を縛るのは、結局いつでも自分なんですね。

         出来るだけ解き放たれた人でありたいです。

         

    

         
[PR]
# by lifeisaparty | 2009-04-20 00:54
←menuへ