<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0133995_0581887.jpg




       「あいかわらず、いろんなことがある。かなしいこともうれしいことも。
  
        もうだめだ、と思うようなつらいことも。そんなとききまって私は

        おばあちゃんの言葉を思い出す。

        できごとより考えのほうがこわい。

        それで、できるだけ考えないようにする。目先のことをひとつずつ

        片づけていくようにする。そうすると、いつのまにかできごとは終わり、
 
        去って、記憶の底に沈殿している。」



        最近読んだ、角田光代著・・・「さがしもの」

        本をめぐる短編小説の中の一節。

        「できごとより考えのほうがこわい。」

        自分に置き換えても、そう思うことしかり。

        どんな物事でも実際に目の前に来てしまったら、

        あとはそれにどう向き合っていくかだけだな、と。

        逐一感情的に動きがちな自分だけど、

        そういう自分も含め、心静かな情熱を持って日々を紡ぐことが

        実は一番強いことなのかも、と、

        この小説を読んでちらっとそう思いました。

        

        
[PR]
by lifeisaparty | 2009-02-17 01:00



               今日は朝から祝日Lesson。

               通常のLessonはSchedule変更ってことで。

               Ballet stretchのクラスだったので、

               Ballet barをやろうと思っていたところへ、

               年配の男性の方が来たので、

               若干内容を変更して、Stretchを中心にやってみた。

               朝だけあって体が硬い・・・。

               まだ体は寝てるってことか・・・。

               終了後に体の伸ばし方を聞かれて、

               少し打ち解けて色々と話をした。

               帰宅後、練習へ。

               一人黙々とやる。



 
               さて、昨日寝る前にふと思ったこと。

               よく、自分が何かをしてる時に、

               あー、今、神様が降りて来たー!!って思う瞬間てナイですか??

               簡単に言うと、例えば何かを創作していて、

               良いものが出来た時とか、

               思いがけない閃きやIdeaが浮かんだ時、とか。

               そういう時に出来あがったものを見て、

               何だか神様が降りてる!と思うような瞬間。

               この感覚についてふと考えていました。

               で、結論。

               自分がやってる物事の中に、

               自分で神様の存在を感じられるっていうのは、

               すごーく感覚的なものではあるけれども、

               やっぱりとっても大切な感覚なんじゃないか?と

               思ったわけです。

               努力とか経験とかそういうものももちろん大きく作用するとしても。

               それとはまた別で、与えられたもの。

               夢物語とか精神世界のお話じゃなく、

               単純に、自分で自分を信じられる感覚っていうか。

               誰かにそっと背中を押される感じ。

               神様、侮りがたし。

               皆様、最近、神様が降りた瞬間はありますか??


     
d0133995_2341454.jpg


          
                

                
[PR]
by lifeisaparty | 2009-02-11 23:05




            今日は、朝から車で小一時間の場所へヨガの代行。

            思いのほか、気持ち良く晴れた良い天気で、

            眠さを引きずりつつも、軽くDrive気分を味わう。

            ヨガレッスンの隣では、ちびっ子達が、

            朝から元気にSwimming中。

            子供の声って、ホント明るい。

            私も晴天の日よりに元気一杯だったけど、

            あの無邪気な笑い声を聞いたら、さらに心温まった。

            冬なのに、朝から水泳とは、ちびっ子も御苦労さま。

            でも、可愛いなー。

d0133995_13044100.jpg
d0133995_1313819.jpg

               These photos of the sea I went today



            帰り道、遠出のついでに、海まで行くことに。

            久し振りに海を見たら、青くてビックリしてしまった。

            目が覚めるような青で。

            さすがに、冬の海にいたのは、サーファー数人。

            寒いよー、と思いつつ、海水に手を浸したら、

            水温はちょっとぬるめ。海水はやっぱりしょっぱかった。

            海の味。
d0133995_1324540.jpg




            夜はいつものごとく練習しにStudioへ。

            終わりがけにSpaへ行ったら、

            全く知らないおばちゃんふたりが、

            「若いって、いいわねー、宝よ、宝、それだけで宝!!

             自分にもこんな時代があったなんてとうに忘れてしまったわー」

            と、突然に言われ、嬉しいような少し困ったような気持ちになる。

            そうか、おばちゃん達から見たら、今の私って

            そういうポジションにいるわけで。

            でも、年齢とかじゃなく、やっぱり若いなんて自覚はなくて。

            一体、どんな場所に今の自分はいるんだろう??と。

            答えなんてなく、とりとめのないことをぼんやりと考えてしまった。

            Americaにいる時は、年齢を書くことがほぼなかったので、

            帰国して、初めて年齢を書いた時には、数字を考えてしまった私。

            ホント、自覚しなければ、どうとでもなるもので。

            でも、とにかく、おばちゃん曰く、「宝」だそうです。

            日々大切に、ってコトかな。

            最近見ているDramaの影響もあって、

            思わず目を細めたくなる時代が眩しい私です。

           
[PR]
by lifeisaparty | 2009-02-06 01:47

d0133995_131991.jpg

d0133995_058393.jpg
d0133995_0583441.jpg

                   These photos of in Sushiya





        一昨日、昨日とよねちゃんとくみが我が家へ。

        到着直後、ご飯を食べて、お風呂屋さんへGo→!!!

        食べ尽くした後に、今度はしゃべり尽くし、その勢いは止まることなく、

        くみの結婚式のDVDなどを見ながら、懐かしさと面白さで笑い転げ、

        飲んで、食べてしながら、ふと時計を見たら、すでに朝5時半(笑)。

        ビックリするくらい元気な私達。

        布団を敷いて、一番最初に眠りに落ちたのは・・・くみでした(笑)。

        ちなみに、私とよねちゃんは一向に眠気が来ず、それからもしゃべり続け、

        寝たのは、朝の8時半過ぎ・・・(笑)。

        私は、何気にそれでもまだ元気で、その日1日徹夜出来そうなスタミナを

        体内に感じつつ、目を閉じましたが。



        昼過ぎの起床後、即お寿司屋さんへ。

        あれこれ、海の幸を堪能しまくり、美味しいを連発する私達。

        冬の日本海の幸って、やっぱり魚の身が引き締まってて新鮮。

        満腹のお腹を抱えて帰宅したら、しばらく後に、今度は蟹が(笑)。

        母の心使いには感謝しつつも、私はお腹がハチ切れそうでした!!

        でも、食べる。食べる。食べる。

        ふたりを駅へ送って、アッと言う間に過ぎた時間が淋しくて、

        何だかポッカリ心に穴が空いたような気持ちになる。

        NYにいた時にも、こんな風な気持ちはよく味わったけど、

        いつまでも馴れないものだなぁー。

        ありきたりな言葉だけど、友達がいて良かった!!と思うことばかりの

        私のこの人生。

        今回も同じく、そう思いました。

        来てくれて、ほんまにありがとうー!!

        

        

        
        
[PR]
by lifeisaparty | 2009-02-01 01:07
←menuへ