<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 
 
  
d0133995_23331919.jpg

  こちらは、昨日バレエから別のスタジオに向かう途中で買った、ピーナッツとスタバ。
  このピーナッツは$1でStreetの屋台で売ってるもの。
  ナッツは自分で色々選べるのだけど、私はピーナッツが好き。
  外側には、甘いキャラメルがからめてあります。
  スタバのChai tea lateを片手に、ピーナッツをほおばりながら、スタジオに向かって
  歩きました。こういうAmericanなコト、たまにするんだけど、何気結構気分良かったり
  するんだなぁ(^^)。

  
d0133995_23321676.jpg

  今日は、朝6時過ぎに起きてしまった・・。
  あまりに天気が良いので、私の部屋から見た景色を一枚。
  窓が重くてあんまり開かないから、窓越しの写真になってしまいますが。
  朝から、みんな活動してますね(笑)。
  
  こんなに晴れてるけど、二度寝しようか考え中の私は、どうでしょうか??(笑)。
  夕方からクラスなんだけど、せっかくの日曜だし、やっぱり買い物??
  はてさて、どうしましょう??
  
  今、TVではRihannaのSOSのMVが流れてます。
  うーん、これまたThat's Americaですね。
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-24 23:40


  
d0133995_18524126.jpg
  
  今日は、4本クラスを受けました~。久々の4本です。
  バレエがキツかったけど、でも、楽しかったな♪

  LastクラスはHip Hop。
  しかし、今日に限って、バレエのレッスンの後に練習してから行ったら、クラスがFullで
  Closeしていてすでに入れず・・・。せっかく来たのに~・・と思っていたら、ちょうど彼女
  と目が合って、「Closeで入られない」と言ってみたら、即効出てきてくれてゲストで
  入れてくれました。そういう時の彼女は、すごく男らしい(笑)。男前だ(笑)。
  勢いよく出てきて、Come on!! Nao!!である。私についてきな!!的なたくましさが
  あって、おぉー、勇ましいぞ!といつも思う。私は、男前な女の人が結構好きですね(笑)。

  彼女の好意でクラスに入れてもらえたのは良かったものの、やっぱり、さっきまで受けれ
  ないと思って窓越しに見ていた自分を思うと、実際に今、私と同じ状況で入れない人も
  いるのよねー・・・と思ってしまって、妙に申し訳ない気持ちになってしまったのも事実。
  気が気じゃないというか、なんか落ち着かないみたいな。こんな私は気が小さすぎるので
  しょうか??でも、インストと友達とかなら別だけど、そういうわけでもないのに、遅れて
  クラスに入ってきて、急に前に来て、タダでガツガツレッスン受けてる人とかを見ると、私は
  どうしてもカチンときてしまうので、そういうことはしたくないという気持ちがやっぱりあって。
  そういうのって、インストに対するリスペクトも感じない行為だと思うし。なので、受けさせて
  もらってることに感謝を感じつつ、自分なりにベストを尽くし、それ以外は何となく後ろの方
  で踊っていた今日の私でした。何より嬉しいのは、そういう風に思ってくれる気持ちなん
  だな、と。何でも、気持ちが感じられることって嬉しいものだな、と思ったのでした。
  最後の私のThank you very much!は、ありったけの感謝を込めて言いました(笑)。

  そんなこんなで、深夜Brooklynに辿りついたら、雪が降っていました。
  駅から家へ帰宅途中に撮った写真です。
  明日は寒くなるそうです。
  雪積もってほしくないなぁー・・・。
  
  
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-22 18:55


  今日は、朝、こちらに来て以来ずっと友達だった子が、日本に帰国しました。
  彼女と私は、ダンススクールで出会ったのですが、彼女自身は大学生で、そして、私が
  NYに来るよりも前から、こっちで生活している子だったので、なんだか日本に帰国する
  という実感があまり湧かなくて、気付いたら今日を迎えていた、という感じでした。
  この街に来て約6年、やっぱり10代からこっちに来ていたとなると、それ相当の思いが
  あるんやろうなぁ。お互いに近くにいて、多くのことをShareしてきた友達だったので、私に
  とっては、やっぱり淋しいの一言に尽きてしまうのだけど・・。
  私自身も、NYに来て以来、さまざまな出会いと別れを経験してきたけれど、やっぱり、
  いつでも別れに慣れることはなく、出来ればもうこんな思いは経験したくないなぁ、と思う
  ほど毎回切ない。実際、同じ場所に住んでいて、毎日会うわけじゃなくても、ふと話したい
  ことがある時にすぐにTELが出来る距離にいるとか、会いたいと思う時に気軽に会える
  距離にいるとか、そういう風に、近くにいたら当たり前のことが、離れてしまった今となっ
  ては、驚くほど恋しかったりします。もちろん、ホントに思えばどこにいたって誰にでも
  会えるけど、重くなく、でもちょっと付き合ってほしい時、何となく暇な時、おいしいご飯を
  一緒に食べたい時、すぐに誘える距離にいて、お互いの都合さえ良ければ、すぐに会って
  楽しい時間を過ごせるっていうのは、かなり幸せなこと。忙しい毎日を送っていると、日々
  忙殺されていく感じで、人に会うにもいちいち時間を作るといった感じになってしまうけれど、
  出来ればもっと身軽に、会える人には会いたいな、と。
  彼女のこれからに期待しつつ、私も頑張ろうと気持ちを新たにした1日でした。

   
d0133995_1435614.jpg

   こちらはWhole food marketという、Union squareにあるオーガニック系の高級
   スーパーでお茶をしてる時に撮った写真。セキュリティーの人に注意されつつも、隠れて
   1枚(笑)。本日のエンパイアーステートビル。雨に濡れて、滲むように美しかったです。
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-19 14:42


  今日は、3時からバレエを受けて、それから2本クラスを受けた後、月曜に日本に帰国
  する友達とコリアンを食べに行きました。久しぶりのコリアン、だいぶ食べましたねー!
  他に2人友達が来て、皆で4人、途中でお店のミスオーダーなのか何なのか、サービス
  です!とか言って、キムチチャーハンみたいなものと、水餃子がやってきて、テーブルに
  乗り切らないほどの量を食べました!!それでも、食べ切れなかった分は、箱に詰めて
  もらって持ち帰りしましたが・・・。こっちは、ボリュームがありすぎて残した場合、こんな
  風に詰めてもらって持ち帰ることが出来るのがいいな、と思う。どっちみち、捨ててしまう
  ものなんだし、食べ物を無駄にしないって意味でもとてもよい習慣だ。
  そんなこんなで、随分と食べて、会話もはずみ、気付けば12時過ぎに・・(笑)。
  楽しい時間はいつでもすぐに過ぎる。何だか、切ない気もするが、そういうもの。
  これからも、楽しいこと、たくさん見つけて、いろんなことをしたいと思う。


  
d0133995_17332847.jpg

  
d0133995_17335649.jpg

  昨日、前のバイト先で働いていたときに、お世話になっていた人が、今、私が働いている
  バイト先に突然会いに来てくれて、いただいた贈りもの。これと一緒に心あたたまる手紙
  までいただいて、私は、帰りの電車の中でそれを読んで、あまりに感激して泣きそうに
  なってしまった・・・。このペンはとても書きやすくて、私も1本持っているのですが、あなた
  にも1つ贈ります。換え芯付きで、日本でも購入出来るということだったので・・と。
  私は、無類の書くこと好きな人間なので、こんな風に気持ちのこもったペンをもらって、
  あー、いつか、何か書きたいなぁー、と漠然とそんな気持ちになりました。そういうことが
  きっかけになって、何かが始まることってないですか??私は、タイミング的に何かが
  ピッタリはまって重なる時、これは、自分に対する神様からのメッセージなんじゃないか?
  と思う時があります。いずれにせよ、思った時がタイミングだとは思いますが・・。
  お店には3人で来てくれていたので、途中、懐かしい話や、私のダンスの話などもして、
  おかげさまで、私も、楽しく仕事をすることが出来ました。こんな風に、どこにいたとしても
  会える人がいて、会いたい人がいるというのは、心をあたためますね。そして、例え離れて
  いたとしても、お互いの中に想う気持ちがあること、そういうことを確信出来ること、その
  積み重ねこそが、人生の潤いだなぁ、と。

  こんなステキな夜は滅多にないので、私はもったいなくて、結局あんまり眠れないまま
  朝を迎えたのでした(^^)。
  
  
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-17 17:40

  
d0133995_1893883.jpg
  
  今日はヴァレンタインデイ!!
  私は、これといったこともなく、普通にいつも通りの1日でした(笑)。
  
  朝から、この間行った服の仕事を手伝いにHARLEMへ行き、結構Hardに仕事を
  こなし、彼女達のカンパニーで作ったカレンダーを見せてもらったりして、なかなか
  気を使いつつもドタバタ仕事をしてきました。
  見せてもらったカレンダーには、3人の写真や、思い出のある写真がプリントされていて、
  私は、過ぎていく時間みたいなものをすごく感じました。私は、普段から、そんなに彼女と
  コミュニケーションを取るわけではないので、日常の様子を見ることで少し安心した面と、
  3人で会社を作ってこの世の中に乗り出して行こうとする戦友的な絆も感じられて、何だか
  いいなぁーと思ってしまったのです。カレンダーだからかもしれないけど、1日1日、夢に
  向かって行く心意気みたいなものが伝わったというか・・・。もし、いつか彼女達が、自分達
  の辿りつきたい場所に辿り着いたとして、今のこの忙しい毎日を振り返る時、このカレンダ
  ーを見て、どんな気持ちになるんだろうなぁ?と。それはそれは、懐かしくて、最高の気分
  だろうなぁ、と思ったわけです。仲間とか友達とか、自分の周りにいる大切な人達を大好き
  だなぁーと、改めて実感させてもらったいい時間でした(^^)。仕事を相当こなしたこととは
  また別の意味でね(笑)。でも、感謝!

  その後、バレエと彼女のクラスを受け、気付けば夜中12時でした・・・。
  いつの間にか、追われている間に、私のヴァレンタインデイは過ぎていましたね(笑)。
  ま、でも、滅多にないものも見れたし、楽しかったので、今日は良しとしよう♪
  HARLEMで、おいしいソウルフードのデリにも行って、甘いあまーーいSWEETSも
  食べれたし(^^)。惜しいことに、食べきってから写真を思い出したので、カメラには
  収まっていませんが・・。また次回行った時には、ちゃんと写真UPします!!

  皆様のヴァレンタインデイはどうだったでしょうか??
  日本は男の子に女の子がチョコをあげる日というイメージですが、こっちは、男の子から
  女の子にあげたり、日頃お世話になってる先生や会社の人にあげることも、女同士でも
  全くアリです。つまりは感謝してる、お世話になってる、という意味でLOVEがあればOK
  といった感じでしょうか?でも、日本みたいな義理チョコの制度はないので、そのヘンは
  気持ちのある人にのみという感じ!ちなみに、街は、カップルがやっぱり多かったです(笑)
[PR]
by LIFEISAPARTY | 2008-02-15 18:09

  
d0133995_1728546.jpg

  今日は、レッスンの後、サイゴングリルというベトナム料理のお店に、ご飯を食べに行き
  ました。久しぶりに、おいしかった~!!写真を撮ったけれど、お店が暗すぎて、しかも
  フラッシュをたくと明るすぎて、どうにもおいしそうには撮れなかったんだけど・・・。
  二人して、アホほど食べました(笑)。飲みました(笑)。
  ホタテと海老の揚げ物、Pat Thai(ライスヌードルを炒めたものに、ナンプラーをかけた
  もの)、フライドライス(焼き飯)、生春巻き、そして、梅酒にビール、と。安くつくお店なはず
  なのに、一人$40・・・。今まで、ここに来て、こんなにお金使ったことないよーってくらい。
  いつでも、$15くらいなのに(笑)。でも、おいしいご飯に、楽しい時間を持てて、久しぶり
  にリラックスした気分になりました。食はどうやってもHappy lifeにかかせないものなんだ
  なぁ、と、やっぱり食いしん坊の私は思ったのでした(笑)。

  明日は、またもや、服のお手伝いです。そして、レッスン。
  あ、こっちはバレンタインデーも明日です。

  今日、一息入れたことで、また頑張れそうな気がします。
  
  ステキなHappeningがあるでしょうか?!(^^)。
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-14 17:29


  今日は、朝から起きて、ちょっとした服の手伝いにHarlemまで行ってきました。
  彼女は、私がこっちでダンスを習っている人で、今、自分のClothing Lineを作って、
  デザイナーとしても精力的に頑張ってる人です。
  仕事は、与えられたことをやってた感じに過ぎない感じだったんだけど(笑)、頑張ってる
  現場を実際に見て、色々と感じるところもあって。
  そんなこんなで、今日書きたい話は、実はそのことではないのです。

  今日、NYに今年最初の雪が降りました。
  お昼くらいから。

  仕事を終えて、そのまま私は彼女のクラスを受けに行きました。
  クラスは、いつものごとく人がいっぱいで、少し遅れて入った私は後ろの方で受けることに
  なったのですが。ストレッチをして、いよいよ振り付けの段階になった時、彼女は、
  「It’s snowing today」
  と言って、振り写しに入りました。私は、曲をまだ聞いてなかったけれど、何となく振りの
  様子から、これは絶対にSlowな曲が来る!と思いました。
  そして、曲を流した時、やっぱり!と。

  私は、彼女の感性をホントに素晴らしいと思っているのですが、実際のところ、いつでも
  彼女の選曲が好きなわけではなく、振り付けもセンスあるなー、と思うし、好きだけれど、
  自分のStyleではないな、と思う時もあって、彼女が踊るから踊りたい、みたいな、
  彼女のダンサーとしての表現力にものすごく惹かれ続けている部分が大きくて。
  
  そんな彼女が最近ずっとレッスンで使っていた曲は、早いテンポでイケイケのものが
  多かったのですが、雪が降った今日、突然、そのSlowな曲を持ってきたわけです。
  その曲を聴いた時、私は、あー、やっぱりこの人は感じる人なんだな、と思いました。
  考えるより、感じる人。
  私は、彼女と今日のFeelingについて何も話してはいないし、初雪が降った街の景色や
  空気をどんな風に感じているのか全く知らなかったけれど、その曲を聴いた時、同じだ
  と感じた。もしかしたら、彼女は雪が降ったことに関係なく、その曲を選んだかもしれなく
  ても、今日の私のFeelingと同じ感覚だと、ものすごく感じて。私は、そんな風に曲を
  通して、彼女のFeelingを感じることがあって、大抵、そういう時は寸分の違いもなく、
  私も同じFeelingだったりする。
  言葉を使って話すよりも明確に、何かが伝わる時がある。
  その日、その時、彼女が選んだ曲から感じるFeeling。
  きっと、常に表現し続けている人だから、私がキャッチ出来ないこともたくさんあると思う
  けど、Hip Hopとか、ダンスとかそういうことでくくられるんじゃなく、その日のFeeling,
  その日に感じること、そういう漠然とした形にならないけど感覚で感じること、そういうもの
  が曲を通してものすごく分かる!と思う時、あぁ、この人もおんなじだ、といつも思います。
  好きな音楽が似てるとか、そういうことも、きっとそれに通じることなんだろうな、と思う。
  こういうことがあると、私は、クラスを受けながら、彼女とものすごく話をしているような
  気持ちになります。同じものを曲とダンスを通して共有している感覚。
  きっと、私がキャッチする感覚は、私にとって大事にしている感覚なんだろうな、と思う。
  振り付けがいいとか、曲が好きとか、クラスを受けていたらそういうことにばっかり目が
  行くし、実際、それも大切だし、だけど、そんなことに全く関係なく、ただFeelingだけが
  伝わる時、クラスは私にとって至福の時間になります。
  
  願わくば、こんな風にしびれるような感動を、思う存分表現しきれるだけの技量を持てる
  自分になりたい、そう思った今日のレッスンでした。

  それにしても、音楽はステキ。
  全てを超えると思う。

  
d0133995_1658461.jpg

  ↑歩きながらだったので、あんまりうまく撮れなかったけど、初雪の本日 at Harlem。
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-13 17:00


  
d0133995_14541170.jpg

  一体何の写真?と思う人もいるかと思いますが、こちらはランドリーの写真です。
  今日は、夜、帰ってきてから洗濯に行こう!と思いたち、近くの24時間Openのランドリー
  に行きました。実際のところ、あんまりキレイではないのだけど・・・。
  洗濯を待つ間、英語の勉強をしようと思っていると、丁度、今日はGrammy awardの日
  だったようで、中のTVでそれが放送されていました。そのTVというのが、写真の中のTV
  なんだけど、内容までは見えないかな?これはBeyonceとTina ターナーがセッションして
  いるところ。ほとんど黒人の人しかいないランドリーなので、TVを見ながら皆フィーバーして
  いておもしろかった!特に、私の隣に座ってたおばちゃんは、Tinaと年が近かったのか
  Beyonceの紹介で彼女が出てきた瞬間に、Oh~、Tina♪とか言って、すごい盛り上がっ
  ていました。近くに座ってる黒人の人とGrammy awardについてたくさんしゃべっていた
  ので、ものすごーーく聞き耳を立てて聞いていたのだけど、なまりがキツクて殆ど理解出来
  なかったな・・・(T T)。こういう時、英語って難しい、と思う。日本でも地方のおばあちゃん
  とか、方言あるとわかんなかったりするのと同じかな?!出てくるシンガーについても色々
  と語っていたので、すごい興味あったんだけどな。きっと、この人達は、全く違う見方で
  見てたりするんだろうなぁーと。歴史があることとか、そのルーツみたいなものって、やっ  
  ぱり興味を持って勉強しないと分からないんだな。久しぶりに、ランドリーにて、今、私は
  異文化の中にいるなぁーと実感した夜でした。そういうところに突然一人、みたいな状況、
  私は何気に結構好きなので、今回のGrammy awardは、私にとって、思いがけず忘れ
  られない一コマになりそうです。
  
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-11 15:14


  今日は、日本帰国の友達のFarewell Partyがありました。
  レッスンを終えて、9時過ぎからStart。彼女の友達が作った、スパイシーチキンや、
  サラダ、ライスが並び、他にはスナックやお酒も持ち寄って、楽しい時間を過ごしました。
  
  日本人と黒人が入り混じったPartyはカジュアルな雰囲気で、久しぶりに私もこういう
  時間を過ごした感じです。音楽も何でもリクエストOK!
  私は、いつでも思うけれど、やっぱり黒人の人のSoulって、一緒に音楽聞いたり、
  踊ったりすると、ものすごい勢いで自分の中に沁みこんでくるというか、やっぱり、血を
  感じる。この人達は、こういう音楽がものすごく近くにある中で生まれ育ってきたんだなぁ
  と思わずにはいられないです。何か、揺らぎがあるというか、R&BやSoul、70年代~
  90年代などの古い曲にノッて歌って、大きな体を揺らす姿を見てると、流れてるものが
  違う気がするのです。地球とか自然とか、そういうバカでかいものを感じるというか。
  ゆったりしてて、おだやかで、懐かしい感じがする。もちろん、若いBlackの子とかは
  それはそれでまた全然違ったりするし、アフリカンアメリカンの人と、カリビアンや
  ジャマイカンの人達もまた違うFeelingがあるし。だけど、いつでも思うのは、音楽が
  近いところにいるなぁーということ。そして、踊ったりすることがホントに好きで、陽気で、
  楽しいんだろうなぁーっていうこと。私は、黒人の人の歴史について勉強したことはない
  ので、知識として知ってることはほんの一部に過ぎないけど、私が感じるのはいつでも
  彼らのSoul。とっても、いいFeelingをもらえて柔らかな気持ちになるのです。

  そんなこんなで、深夜遅くの帰宅に、彼らのうちの一人が車で送ってくれました。
  彼もまた、驚くほどジェントルマンで、APTの前に着いてから私が家に入るまで、車の
  外に下りて、そこからずっと見ていてくれました。かなり感動!こういう優しさって、もの
  すごく沁みたりします。この街にいると、特に。
  車の中では、音楽の話から、人種の話、NYの話まで、色々盛りだくさんで、少し酔った
  頭に、英語のSoundがものすごく気持ち良かったです。ホント、英語Getしたい(><)。
  たぶん、会話って何でもテンポがあると思うので、英語もそれと同じで、流れというか
  テンポが大事なんだな、と。彼は、その辺のテンポの作り方がすごく上手な人だったので、
  よくぞこんなに英語しゃべったな、と思えるくらい話ました(笑)。なけなしのボキャブラリー
  を最大限駆使して(笑)。楽しかった!久しぶりに日本語を忘れました(^^)。思考が変わる
  って、やっぱりおもしろいな、と実感!

  友達が帰国するのはホントに淋しいけど、彼女も、こうして出会った人達とはどこにいても
  つながり続けるんだろうな、と思うので、ただ楽しい、と思える時間を一緒に過ごせたことが、
  今日は一番の収穫でした(^^)。

   
d0133995_20153750.jpg

   ↑久しぶりにSOHOに行きました。レッスンの合間をぬって。春モノが続々出てきていた
   ので、すごく物欲にかられたけれど、結局、今回は何も買わずに終了。それにしても、
   いつも思うけど、NYって靴がかわいいのです。色も形もいっぱいあって、見ててワクワク
   する感じ。スニーカーも、ご覧の通りPOPな色合いで、春を感じます。

   
d0133995_2020181.jpg

   ↑有名な高級スーパー、ディーン&デルーカです。ここには世界中から集められた
   質のよい食品が並ぶとのこと。日常生活でここで食材を買い揃えてる人たちは、私に
   とったら、相当なセレブだなぁ(笑)。お店のディスプレイもオシャレで、ちょっとヨーロッパ
   的な雰囲気も感じます。
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-10 20:24


  今日は、クラス4本受けました(><)。
  久々にキツイと思った私です(笑)。

  昨日、映画を見て、NYとBrooklynが舞台のホラーもの。
  ホラーというか、得体の知れない怪物にNYが突然攻撃されるっていうStoryで、
  さすがに同じ街にいるとなると臨場感がありすぎて、ドキドキしてしまった。
  映画とかは、特に舞台がNYのものだと、どんなものでもワクワクするというか、
  That’s Americaを感じる瞬間。普段は、自分の暮らしにいっぱいで、特別なことがない
  限りはそこまで実感しないけど、映画やドラマは知ってる場所や、行ったことがある場所が
  出てくると、やっぱり近くに感じるというか。行ったことない場所にも、行ってみたくなったり
  して、やっぱり思ったものがすぐ手の届くとこにあったりするので、見ていて楽しい。
  
  今日の帰り道にはすでに、SubwayでOverbridgeしながら、マンハッタンを見た時、
  あー、昨日はあのヘンが攻撃されてたなぁーと妙に感慨深く思い出したりして(笑)。
  こういう楽しみはNYならではな気がします。


  そんなこんなで、いつもOverbridgeした時の夜景の写真を撮ろうと思うのだけど、
  電車の中の様子が窓に写ってしまって、全くキレイに撮れなくて、やむなく断念しています。
  そのうち、UPしようと思っているので、見てね(^^)。
  
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-02-06 16:04
←menuへ