<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧



  今日は朝に、12月23日からNYにやってきていた友が、日本に帰国しました。
  約3週間のStayだったけど、過ぎてみるとホント早かったなーって思う。
  ダンスを通して知り合い、彼女がまだNYに住んでいた頃は、この街でのかなりの時間を
  共に過ごして来た大切な友だ。ダンスをして同じ日本に暮らしながらも、その時には
  お互いの存在を知ることはなく、海を渡って出会った、ある意味、縁の深い人でもある(笑)。
  
  人との出会いは、本当に不思議。
  いつの間にか出会っては、離れて、でもつながり続けたり、時には縁が薄くなったりする
  時期もあったりで、今はもう会わなくなってしまった人や、会えなくなってしまった人、
  気づけばお互いが驚くほど長い時間を共に過ごしている人、自分の日常の中に必ず存在
  する人や、時々近況を知る人、など、人との距離ってその時々で色々だけど、でもやっぱり
  何が素晴らしいって、「出会えたこと」、そのものなんだと思う。
  
  だから、例えば、仕事先なんかで毎日顔を合わせる人とか、職場仲間とか、一時的にしか
  仕事を共にすることがなかったとしても、結構、同じ空間で働けることって、一瞬なんだと
  思う。朝起きて、仕事に行き、その人たちと会って、同じルーティーンの仕事をこなす毎日
  だとして、その時は飽きるほど同じ日々が続くことにうんざりしていても、やっぱりそれは
  永遠ではない。時間が流れることは、変わっていくことで、留まることは出来ないのも人だ
  と思う。だから、今がずーーっと続けばいい!と思って毎日過ごせることや、今のまま
  時間が止まればいいのに、と思える気持ちって、世界一Happyな気持ちなんだと思う。

  今回帰国した友は、帰国の前日にBroadwayのBack stageに入る機会に恵まれて、
  これもまた「人との出会い」と、思いの強さが通じたことで生まれたことだった。もちろん、
  願ったり、思うだけじゃなく、具体的に動くことで伝わった気持ちがあり、その長い歴史が
  あったからこそではあるけれども。人を思う気持ちって、本当にすごいんだなぁって思うし、
  しかも、無償で思える気持ち、純粋に尊敬する気持ち、そういう気持ちの前に言葉って
  いらないんだなぁ、とも思った。

  これから、私にもきっと色んな出会いがあり、色んな気持ちを感じて生きていくんだと思う
  けど、今までと同じように、素晴らしい出会いをいつまでもし続けていきたいし、そういう
  出会いが出来る自分でいられるように、自分自身も常に魅力的な人間でありたいな、と思う。

  
  

  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-01-10 15:55


  ただ今、0:41AM。
  Radioを聴きつつ、本日もブログに向かう私です(笑)。
  いい音楽が流れてて、最高。
  たまにRadioをonにした瞬間に好きな曲が流れてきたり、今のJustな気分でピッタリの
  曲が流れてくると、何かいいことがありそうな気がしてワクワクすることってないですか?
  そういえば、一人暮らしを始めてからは特にRadioが好きになったな、私。
  こっちにいるときは、夜中に洗濯物たたみつつ聴くのが好きだわ(笑)。

  というわけで、Radioトークはここまでにして。
  
  今日は、本当にビックリするくらいあたたかい陽気で、実は真冬だよね??
  今って、1月だよね?っていうのを、誰かに聞きたくなるくらいの良いお天気でした。
  こういう日は、身軽にあちこち行けるから好き。
  薄手のコート一枚はおってしまえば、もう完璧OKだもんね!
  NY、このまま冬を通り越して、春がやってこないものでしょうか??
  
d0133995_1550316.jpg
   
d0133995_15513175.jpg

d0133995_1552489.jpg

  ↑全て23th st Broadway近辺の景色。今日は小春日和の陽気。
  ワシントンスクエアーに、エンパイアステートビル、そして、フラットアイアンビルです。
  NYって、普通に歩いてるとビルばっかりって思うけど、少し視線を上にあげるだけで、
  驚くほどクラシカルな建物がいっぱい。

  私の今日の1日のメニューは、汗をかく!につきました(笑)。
  朝からヨガに始まって、そのままJazz&Ballet 2本で、トータル4クラス。
  しかも、今日は、いつもだったら癒しで行くヨガを、何気に真剣にやってみました。
  そしたら、ただでさえ新陳代謝のいい私が、さらに汗をかき、しかも、ものすごく
  筋肉を使っている実感みたいなものがあって、ビックリするくらいインナーマッスルが
  鍛えられることを発見!!これからは、ヨガも気合入れてやってみよう、とひそかに
  思った私です。

  今日受けたJazzのクラスのインストは、日系の人でシェリル 村上という女の人。
  彼女は、私もすごく好きなダンサーで、ダンスのスキルやスタイルもさることながら、
  その人柄もおもしろくて、ステキな人。普通に何の勢いもつけないところから、突然
  トリプル回ったりとかします。どんなヒールでも安定して踊りこなすし、逆にスニーカー
  でも、床に関係なくガツガツ回ったり飛んだりします。例えば、毎回クラスを受けていると、
  どうしても当たり前になってしまって、その凄さみたいなものにさえ目が慣れてきて
  しまうのが常なんだけれど、それでも彼女のクラスは1レッスンの中に1度か2度は
  良いもの見せてもらった!とか、凄いなー!って思う瞬間がある。というか、たぶん、
  私は、そういう風に思わせてくれる人のクラスしか、基本的には受けない。後は、自分の
  好みかどうか、だけ。ダンサーとしてのその人のショーが見たい!っていう、純粋な思いが
  あるかどうか、とかね。結構、そういう意味ではこっちでの自分の好みってはっきりしてる
  と思う。

  そう、そんな風に私から見れば、すごく良いダンサーの一人だなぁと思う村上さんも、
  実は、23歳の時から2年間ほど、全くダンスを辞めていた時期があったそう。
  実際彼女は、ホントに幼い頃からバレエ漬けの毎日だったようで、バレエ団のような
  ところに所属しつつ、かなり小さい頃からダンスで仕事をし、突然23歳の時に踊ることが
  普通になりすぎて、全く魅力を感じなくなって辞めてしまい、その後2年間全然ダンスに
  触れない生活をしたらしい。そして、その2年間のブランクの時期を経た後に、自分に
  とってダンスはやっぱりなくてはならないものだった、と実感して、教えることを中心に
  ダンサーとしての活動を再開させたそう。そのおかげで、今こうして、私も教えてもらった
  り出来ることを考えると、インストっていう職業は本当にその人ありきだなぁって思う。
  ちなみに、村上さんは、たぶん、私と同じ年(笑)。教え始めてから、今で約5年が経つ
  ってことか。今ではインストだけでなく、自分のカンパニーを持って、とってもイケてる
  ショーをやってます。私は、衣装などもトータルして、彼女の作るショーの感じは好き。
  いつか、日本に来ることがあるといいなぁって思う。

  それからこちらは、セシリア マルタという人のお話。
  この人は、もう60歳近い黒人のJazzのインストで、ダンスに凄くSoulを感じる人。
  しかも、体が美しい。ラインも含めて全てがキレイ。カッコよくて、人柄も素晴らしく、
  Big Heartな雰囲気が出ている人なんだけど、彼女は、一度以前にすごい怪我を
  した時期があったらしく、その時期にヨガに出会って、今の自分のクラスでのUPを、
  そこから生み出したらしい。そして、ヨガを通して、筋肉の流れや使い方など、あらゆる
  ことをそこから知ったそう。さらに彼女の凄いところは、その怪我をして全く踊れなかった
  時期に、踊ることが出来ないなら、体ではなく頭を使って学ぼう!と発想を切り替えて、
  ダンスに生かせるように、体を知るための勉強をひたすらやっていたらしい。
  
  偉大な人って、偉大になるわけがあるっていうか、そういう発想の切り替えとか、柔軟さ
  って、たぶん、自分が思う以上に大事なことなんだと思う。うまくいかない流れの時にこそ
  特に。ジタバタしないでいられる潔さっていうか、ジッと耐えれる強さみたいなもの。
  どうやり過ごすかで、同じ時間も全く別のものになったりするから、精神的な強さって、
  やっぱり結局は形になって現れてくるものなんだと思う。

  久しぶりに4クラスも受けたからダンストーク満開な内容になってしまったけど、ダンスでも
  何でも、皆、誰だって足りない自分を何とかやり過ごしたり、持ち上げたり、あきらめつつも
  期待したりしながら、頑張って毎日やっていってるんだなぁって思いました。
  「みんな、いっしょ」ってことです(^^)。

  明日は、朝から学校です。夕方からは、ひたすら汗だくです(笑)。
  今日よりもあたたかくなるみたいで、何よりです。   
  
d0133995_15535937.jpg

  ↑これも上の写真と同じ場所のアングル違い。木々茂る公園は、ワシントンスクエアー
  パーク。向こうに見えるのがエンパイアステートビル。ちなみに、この辺はヨガスタジオの
  すぐ近くです。NYと言えば、言わずと知れたYellow Cabの集団です。
[PR]
by lifeisaparty | 2008-01-08 15:36
  

  皆さま、遅ればせながら、新年、明けましておめでとうございます。
  A Happy New Year!!!
  2008年がやってまいりました。だんだんと1年が過ぎるのが早くなってきて、
  毎年気づくと新年を迎えているような気がするのは、私だけ?!
  とにもかくにも、今年も皆様、どうぞヨロシクお願い致します(^^)。

  私のカウントダウンは、NYらしく、ダンスショーケースを見に行ってきました!
  それは、Rhapsodyという有名なコレオグラファーがオーガナイズした彼女のカンパニーの
  ショーケースで、PianosというDowntownにあるBar&Loungeで行われました。
  ショーには、Jonteも特別出演。内容は80年代~90年代のOld Skhool Musicを
  使ったもので構成されていて、その時代の音楽が好きな私としては、久しぶりにすごく
  楽しめたショーケースでした。ちなみに、Jonteは、かなりの自分Worldを披露(笑)。
  衣装も相当すごいけれど、ショーケースの内容自体も、ぶっ飛んでる(笑)。。。
  私は、途中、いってしまってる具合があんまりにもおもしろすぎて、笑ってしまった。
  あそこまで、突き抜けたら、なんか、もう別物でした。。。
  それにしても、Jonteの体はホントに美しい。顔も美しいけど、女よりも「美」に対する
  追求心が見える(笑)。しかも、パーフェクトなダンススキル!グランバットマンなんて、
  軽々と真上に上がってました(笑)。見ていて笑ってしまうくらい、すごい(笑)。好むと
  好まざるとに関わらず、すごいなーっていつでも思うのが、Jonteです。
  ああいう人って、いるのね。。。
  
  
d0133995_13491226.jpg

  ↑これは、JonteとRamon、もう一人はダンサーの女の子で、3人でPerformanceを
  しているところ。Jonteに関してはおもしろい写真がもっといっぱいあるんだけど、今この
  ブログで取り上げてしまうにはちょっと刺激が強すぎる感じなので(笑)、そのうちまた。
  
  
  ショーの途中で、12時になり、皆でカウントダウン。
  何だか華やかな2008年の幕開けとなりました(笑)。
  
  
d0133995_13564225.jpg

  ↑カウントダウンをして、ショー終了後の様子。中央のオレンジの服をきているのは
  Rhapsody。今回のショーをしたカンパニーのコレオグラファー件、ボス(笑)。
  そして、何よりも、今回のDJはかなりステキな曲をSpin!!音楽によって、こんなに
  Floorって違うものなのね、と実感。私なら、怖くって、DJなんてとっても出来ません。。
  心臓強くないと回せない気がするのは私だけ?!
  
  その後は友と近くのクレープ屋で深夜のクレープを食べて、Times squareへ。
  クレープもおいしかったけど、Times squareは、やっぱり良かった!!
  カウントダウンはもうすっかり終わっていたけれど、2008年を迎えた残り熱みたいな
  ものが、まだまだあちこちに溢れていて、NYにいるなぁ、と再び実感(笑)。
  寒さも負けず劣らずすごかったけれども。。。

  
d0133995_1485923.jpg

  ↑ホイップクリームをたっぷりのせて作ってもらった、Banana&Starauberry&Nutella
  (チョコクリーム)のクレープ。甘過ぎず、フルーツもたっぷり入っていて、大満足♪
  これ以外にも、モッツアレラチーズと、Dry tomato&プロシュートのクレープも。
  これまたおいしすぎて、倒れそうになりました(笑)。
  
  
d0133995_1472437.jpg

  ↑NY、Times squareのカウントダウン後です。有名な紙ふぶきがまだまだあちこちに
  散らばってはいるのですが、早々と皆様撤収の様子(笑)。
  実際、私も数年前に、このカウントダウンをやってみたのですが、本当に大変。7~8時間
  以上、寒い中をずーっと立ったまま待ちっぱなしで、トイレも行けない感じだし、お腹も減る
  しで。それでも、一生に1度くらいは見る価値があると思うので、もし機会があれば皆様も
  ぜひ(^^)v。
  
  元旦は、これまたNYらしく、Broadwayを見に行きました!

  
d0133995_14204277.jpg

  ↑「コーラスライン」の劇場。今回、私も初めて中に入ったけれど、クラッシックな雰囲気が
  とてもステキな劇場でした。やっぱり、On Broadwayは舞台からも本物の凄さを感じる。
  
  「コーラスライン」というやつで、ずいぶんと前からずーっとやってるMusical。
  実際、そこまで期待せずに行ったものの、これまたビックリするくらい感動してしまい、
  涙、涙(笑)。隣りに座っていた、チケットを譲ってくれたフランス人のおばちゃんに
  ありがとう!を言おうと思いつつも、あんまりにも泣いていたので言うのを少しためらい
  つつ横を見たら、おばちゃんも泣いていた、という裏話もあって(笑)、さらに二人して
  涙、、みたいな(笑)。なんか、気持ちって言葉を超えるなぁと、改めて思ってしまった。
  感動したり、気持ちを揺さぶられる瞬間や物事って、たぶん人によって違うと思うけど、
  それでも、同じものを見たり聞いたりした時に、ほんの少しでもジーンと来る瞬間があった
  として、それを誰かと共に共有することが出来たとしたら、それは本当に幸せなことなんだ
  と思う。そういう瞬間をたくさん持てば持つほど、知れば知るほど、「人」のことをすごく好き
  になるんだろうな。

  「コーラスライン」を見て、心新たになった2日からは、いよいよレッスン始動。
  バレエでは、Broadwayの感動をイメージする力に変えて頑張ってみました(笑)。
  遠くにStageの光を想像しつつ(笑)。素晴らしい芸術やアートが身近にゴロゴロと溢れて
  いるNYは、そういうものが上を見て頑張るバネになる時と、まぶしすぎて目を背けたく
  なる時とに分かれるような気がする。上も下もあって、自分の立ち位置がよく見えなくて、
  流されているような、漂っているような、巨大な流れを感じる。ガムシャラにやればいいよう
  な気もするし、ただガムシャラでもだめなようにも思う。NYで生き抜くこと、やりたいことを
  実現していくこと、それに必要なものって、頑張るエネルギーと、後は、きっと「人」なんだ
  と思う。これは、どこにいてもそうなんだと思うけど。そして、あとは毎日を楽しむことなんだ
  と思う。楽しいことは、きっと、嬉しいことや喜びを運んでくると思うから。

  そして、昨日は友とThai restaurantへ。
  9Aveの45St辺りにある、小さなお店なんだけど、ここがまたビックリするくらいおいしい!
  偶然入ったお店だったにもかかわらず、Hit!!特にCurryはThai風味で美味。
  まろやかな味と、パラパラのゴハンが絶妙。それ以外にも、Pat tai(タイの炒めた麺)、
  ブラウンソースで炒めたチキンと野菜の炒め物、ナッツドレッシングのかかったサラダ、
  太麺(ワンタンみたい)とお肉と野菜を甘辛く炒めたもの、などなど、レッスン前にも関わらず
  ホントによく食べる、食べる、食べる。やっぱ、おいしい食べ物は幸せを運ぶ(笑)♪
  もし、皆さまがNYに来る機会があったら、ぜひ9Aveの45St辺りをぶらついて、気になる
  お店があったら、入ってみて下さい。たぶん、あの辺は、どこのお店もそれなりにおいしい
  料理をServeしてると思うので。Lets tryです(^^)。  

  そして、本日、1月5日。これまた、すごいBig special thingsが起こりました!!
  友とゴハンを食べに行った先で、Beyonce & J-Zeyに会いました(><)。
  彼らは隣りのBarに飲みに来ていたようで、私は帰る時に握手でも、、と考えていた
  けれど、セキュリティーのデカイ男の人に目で止められました(笑)。
  2007年の始まりも、Beyonceのオーディションで彼女に会ったのですが、2008年も
  偶然にこうして近くで見ることが出来て、私はかなりLuckyです。
  実際のBeyonceは顔が小さくて、かわいい(^^)。前見た時よりも、痩せていたような気が
  する。オーラはそこまで感じなかったけれど、とにかくステキでした!!
  やっぱり、会いたい人には必ず会えるようになってるんだなぁと実感。そして、こんな
  Specialなことが起こるのも、NYの魅力だなぁと改めて思った次第です。
  
  明日は、3レッスンです。今日のHappyをパワーにして、また明日も頑張ろうと思います。
  Tomorrow is another day、ということで、明日はどんなSpecial dayになりますか、
  良いことがたくさんありますように・・・☆☆☆  
  
 
[PR]
by lifeisaparty | 2008-01-05 20:26
←menuへ