2008年 07月 31日 ( 1 )


d0133995_2194075.jpg

  
   ある日の地下鉄の中の様子。
   基本的に、NYでは、地下鉄などの公共の機関で写真を撮るのは禁止されている
   と聞いたことがある。
   やはり、テロなどに備えて、安全のために、ということらしい。

   なので、これは、コッソリ撮影したもの。
   それにしても、人種がMIXされてていいなぁ。

   

   私が、NYに行って、ほんのまだ数日だった頃、
   Stay先に帰って新聞を読んだら、こんな記事が。
 
   「Brooklyn 36st駅で、テロリスト逮捕!!!」
   内容は、地下鉄でテロを起こすために、36stの駅で深夜に鉄道の写真を撮っていて、
   怪しんだ警官が職務質問して無事逮捕に至った、と。
   しかも、この駅で実行する予定で、人の少ない夜中に行うつもりで計画、とまで。

   夜中って、夜中でも、私は地下鉄使うんだよっ!!!
   と、新聞に突っ込みましたね、私。

   この36stの駅は、私がCityに出るためには必ず乗換えをしなくてはいけない駅。
   ほんっとーーーに、真剣に、この時ばかりは、
   「生きて帰れないかも・・・?!?」
   と暗澹とした気持ちに・・・。

   それから、数か月後。
   朝学校へ行くため、またもや地下鉄に。

   すると、しばらくして私の乗ってる車両から、突然硫黄みたいな臭いが・・・。
   皆、タオルなんかを口や鼻にあてている。
   さすがに、濃くなる匂いに全員が危うさを感じたのだけど、
   悪いことには、この電車、Expressだったので各停にならない。

   結局、大事には至らず、次の駅でほとんどの人が車両を変えて
   再び出発。
   この時も電車の中で渦巻く不安といったら、もう・・・。

   それにしても、アメリカ人のこういうAboutさは凄いとさえ。
   普通、日本なら、電車を止めて調べるとかありそうなもんだ。。。
   
   それからもなんだかんだで私のNY生活は続き、
   
   今に至ります。

   
   NYという場所に限らず、たぶん多かれ少なかれ、
   どんな人にもそれなりにヒヤッとした経験というのはあるもので、
   そこを越えて「今」があると思うと、
   退屈に思える毎日も、突然色味を帯びて輝いて見えるものだけど、

   ほんとは、何かで推し量らなくても、
   当たり前のことを普通に幸せだと思えることが、
   一番、日常を豊かにするんだろうな、と思う。

   ところで、何で、一枚の地下鉄の写真からこんなHeavyな話になったのか(笑)。
   書いてるうちに、こんなのが出てきました・・・という、今日の日記でした。 

   おやすみなさい。
   
   
   
 
   
   
   

   
[PR]
by lifeisaparty | 2008-07-31 03:09
←menuへ