2007年 12月 16日 ( 1 )



  12月14日(Fri)・2007、 昨日、NYに無事に到着!

  飛行機が飛び立つ瞬間は、「あー、私はまた日本を離れるのか・・」と、
  何とも複雑な気分だったけど、実際JFKに着いた瞬間、いや、窓からManhattanが
  見下ろせるようになった時から、私の中の喜びは爆発した。
  この嬉しさを何と表現したらいいのだろう??
  もう、胸がワクワクする、という以外にHitする言葉はない(笑)。
  
  Immigrationも無事通過して、入国した後の私の正直なコメント、、、
  「やっぱり、あたしの街!!」(笑)、いや、男だったら、「やっぱ、オレの街!!」(笑)、
  ってな気分でした。あの、開放的で自由な感覚を何と言ったらいいんだろう??
   
  住み始めたら、そればっかりではないし、もちろん不自由だらけなんだけどね。
  そして、そういうことに、結構簡単にめげる私です(苦笑)。
  最終的に立てば良い!くらいの気持ちでいこうかと。

  Taxiに乗ってStay先へ。
  最初は仲良く話していたドライバーと、最終的にはケンカになったところで(お金のことで)、
  あー、これぞNY!って一気に思い出した(笑)。何せ、体力がいる、生きるだけで(笑)。
  タフじゃなくては。。どの国に生きようと、たぶん、同じようなことはたくさんあると思うけど、
  久々のこの感覚に、帰ってきたなぁー、と正直思った。

  でも、やっぱり行く途中に見えるManhattanの夜景は、この寒空の下でも
  キラキラ美しかった。宝箱をひっくり返したような輝きだ。
  そう言えば、いつも、どんなに疲れていても、この夜景だけは、心に沁みた。
  Cityの中にいるとビルばっかりで忘れてしまうけど、たまに、こうして、遠くから
  Manhattanを眺めると、いつでも、あー、私は今NYにいる、と思えて、
  また頑張ろうって気持ちになれた。
  本当に私にとっては大好きな景色。 深く考えなくても、ただ好き。
  この景色だけ、毎日見ていたいほどに(笑)。
  
  いよいよBrooklynへ着いて、Aptへ。
  空港に着いた瞬間から感じていたけれど、NYには独特の匂いがあって、
  実は私はそれが大好き。このAptの中も、NYの匂いがあちこちでした。
  たまーに日本にいる時にも、これと似たような匂いを嗅ぐと、胸がキュンとする。
  そのくらい、私にとってはNYを彷彿させる匂いなのだ。
  
  夜は、今回Subletさせてもらう人とおしゃべりをして、寝る。
   
  
  そして、翌朝、懐かしいラジエーターのガタガタ言う音に起こされて(笑)、起床。
  ネットがうまくつながらずに、結局ネットCafeへ。。。
  今日は寒い!、でも、空は青い!!ってことで、Brooklynにいる自分にも嬉しすぎて、
  軽く小躍りぎみの私でした(苦笑)。体は正直ってことか?!
  
  一旦、帰宅して、そこからいよいよSubでCityへ。
  高まる胸のワクワクと同時に、やっぱり切ない気持ちにも。。。
  X'smasのイルミネーションもキラキラで、あちこちから音楽が聞こえてきて、
  歩けば、歩くほど、「私、もっと上見て歩けば良かった」って思ったり、
  辛くて煮詰まった時期に、たった1日でも、その思いから意識的に離れて、
  全く違う日常を送ることをしてみたら、世界はこんなに開かれていたのに、、と。
  
  そう!世界を閉じてしまうのは、いつでも自分なんだ、って気づいたのです。
  Holiday Season前でごったがえす人にまぎれながら、
  この街を一人ぶらぶら歩きつつ、そんな風に色んなことを感じた私です。

  
  これから帰国までの数ヶ月、しばし、こうして自分の日常をブログに書き留めてみようと思う。
  
  今のところ、大好きで、大嫌いな街、NYです。
  たぶん、私にとって、普通ではない、というところで、もうすでに特別なんだと思う。
  
  でも、その振れ幅がこんなに大きい街も、今の私にとっては他にない、ので、
  そういう意味で、結局、とても感情が揺さぶられる街なんだろうな。
  だから、今、こうして、ここにいる間は、その揺れを楽しむくらいの気持ちで、
  もう少し色んなことやってみようと思う。

  たぶん、色んな日々が書き綴られると思うけれど、気が向いたらコメントなどして
  もらえたら嬉しいです。
  
    
  
     

   
   
[PR]
by lifeisaparty | 2007-12-16 15:44
←menuへ