Page 41

  
  
  
d0133995_12565355.jpg


  これは、MIAMIからKEY WESTというアメリカの最南端にある島へ行った時のもの。
  
  私がこの島に行ったのは、すでに2回目?もしくは3回目??くらいだったんだけど、いつ
  行っても、穏やかで、綺麗で、癒しそのもの。ゆったり時間が流れてる感じで。
 
  このおじいちゃんは道端で、何かの葉っぱを使って、帽子とか、小箱とか、KEY WEST
  らしさいっぱいのものを作っていた。

  この日はかなり暑かったので、
  「じいちゃん、上半身裸だけど、相当暑いよな!!直射日光だし。いやでも、外国人て肌強い
  から平気なのか?!?」
  と、彼の手先の器用さに惚れぼれしながらも、少し突っ込みを入れる自分でした。

  でも、今見ると、じいちゃん、実は若い?!?
  今日も彼はこうして仕事してるんでしょうか???

   
  
d0133995_12284587.jpg


  この写真、実はLAに旅行に行った時に撮ったもの。
  なぜ、こんな深夜に私達がこんな姿で写真を撮ったかというと・・・。
  
  HOTELに戻って来る途中で、LA POLICEに捕まったから(笑)。
  結果的には、私達の車は交通違反をしていなかったので、警察の早とちりにコトは
  収まったのだけど・・・。
  まさに、車中から降ろされた私達は壁に向かってHOLD UPの状態!!!
  しかも、車を止めて全員降りるまで、普通にガンガンパトカーのライトで照らされました。
  頭上にヘリコプターでも飛んでるの???と言うくらいの眩しさで。
  そして、よくTVで見る、この写真のような状態で壁に体を向けて、頭から体の隅々まで
  全部調べられました・・・。絶対、一人はGunをさしてたはず。
  しかもなぜか、その時いたPOLICEの数、7~8名とやけに多かった記憶が!!
  
  少し振り向いて説明しようものなら、即、
  「HANDS UP!!!TURN BACK!!!」
  と言い切られ、とりつくしまナシ・・・。
  女性のPOLICEが一人いたけれど、彼女が一番厄介だったと記憶している。
  誤解が解けた後の彼らの去り際の良さにもビックリしたけど、
  交通違反の取り締まりだけでこんな騒ぎになるとは、LA恐るべし!!!と。

  今となっては、何気に貴重な経験だったと思い出し笑い出来るけれど、LAの車社会、
  そしてNYとは一味違ったPOLICEの感じ、冗談通じなかったデス・・・ホント(笑)


  
  
[PR]
by lifeisaparty | 2008-07-22 13:34
←menuへ