Page 141

     
        
d0133995_2337831.jpg

                    A photo of us at the time


            皆様、お元気ですか??

            このたび、またもやしばらくNYに行っていました。

            今回はShowがメインでの渡米。

            Apollo Theatre Amateur nightに出演してきました。

            Showとはいえ、一応トーナメント方式の勝ち抜けのような形式になっていて、

            結果から言うと、残念ながら及ばす・・・。

            悔しい気持ちと、Pass出来なかった要因が思い当たるような節もあったりで、

            複雑な気持ちを抱えて終えたShowだったのですが、

            自分自身のダンス人生がどんな形にせよ

            これからも続いていくことに変わりはないので、

            先に進む中で、この経験が新たに活かされるように、と

            前向きな気持ちに切り替えての帰国となりました。

            外国だから、とか、日本人だから、とか、そういうことはやっぱり関係なくて、

            最終的には、良いものは良い、しかないんじゃないか、と

            クリアにそう思ったわけです。

            考え出したら、キリがなく色んな理由を見つけられそうな気がするけど、

            答えはきっともっとSimpleで、

            もちろん、ダメだった要因を考えて次へと繋げることは必要だけど、

            結局はさらに良いものを作るべくBestを尽くす、に尽きるな、と。

            なので、ここで止まるわけにもいかず(笑)、進むしかない。

            道はきっとあると思うので。



     
d0133995_1184747.jpg

                  A photo of Amateur night stage
            

            さて、そんな結果報告はさておいて、

            今回もたくさんの人に応援に来てもらいました。本当に感謝!!
  
            やっぱり、声援が多いと、気分が上がって、俄然頑張れるので。

            こうして、見てくれた人達が少しでも元気になったり、感動してくれたりしたら、

            結果とはまた別で、本当に嬉しい。

            今は、私の踊る意義みたいなものも、

            そういうものによって成り立っているところが大きいので。

            ちなみに、Apollo Theatreには、Miss Cathyという

            Amateur nightを仕切っているBig mamaがいるのですが、

            Stage上で踊りながら下手の方を見たら、彼女がまるでおかんのように

            胸に手を当てて心配そうに見てくれていました(笑)。

            Auditionも入れたら、再会は5度目なので。

            はるばる日本からやってきて、この子達は大丈夫なのか??と

            思わず母心だったんでしょうね。

            踊りながらそんなことにも少し感動していた私です。
d0133995_119502.jpg

                     A photo of Miss Cathy



d0133995_121589.jpg

          A photo of Michael Jackson's memorial with two girls

d0133995_125722.jpg

                   A photo of Message for Michael


            そして世間では、いや、世界中で今なおMichael Jacksonの死を

            悼んでいますが、Apollo Theatreは、その時その真っ只中。

            私達のShowの前日には、ちょうどMichael君の追悼イベントなるものが

            行われたところだったのでした。

            Harlemの街行くおじさんまでもが、Moonwalkの話をしているような状態。

            Streetでは、彼のCDやDVD、T-shirtsなどがワンサカ売られていて、

            飽和状態。NYの街のあちこちから、彼のVideoや音楽が流れていました。

            Apollo Theatreの前には、まだたくさんの花がたむけられていて、

            彼を偲んで、壁面にはMessageを書くSpaceも設けられていたり。

            改めてそういうものを目の当たりにして、Michael Jacksonが

            彼の音楽を通して、どれだけ多くの人達を救ってきたか、

            その存在の偉大さと偉業を感じずにはいれなかったです。

            真に彼はStarだった、あらゆる意味で、そう思います。

            彼は彼にしか出来ないことをし続け、

            誹謗、中傷も含めて永遠に謎であり、

            彼の音楽を通してのみ、

            唯一私達は彼の心に触れることが出来るような気がします。

            ご冥福をお祈りします。
d0133995_1265944.jpg

                   A photo of just my feeling

              


            では、これからしばらく、また時間を見つけて、

            今回NYで撮った写真を少しづつUpしていこうと思います。

            結局いつも似たような写真を撮ってる気もするけど(笑)、

            私にとっては毎回違って見えるのであしからず。

            日本も蒸し暑い毎日ですが、皆様ご自愛下さい。

              

              

              



              

              

              




              

              

              

              
[PR]
by lifeisaparty | 2009-08-01 01:52
←menuへ